iPhone SE、6sとの違いは?サイズ以外にもあった!

シェアする

ついにiPhone SE発表されましたね!さっそく、iPhone 6sと画面サイズ以外に何が違うのか、比較してみたいと思います!

人気の高い4インチのデザインに、A9チップと12メガピクセルのカメラを搭載したiPhone SEは、圧倒的なパフォーマンスを発揮します。
スポンサーリンク

3Dタッチに対応していない

6sでの目玉機能の一つの3Dタッチ(押し込むと反応するやつ)が省かれています。これ、個人的にはなくても良かったので対応しないのはありです。

128GBモデルが選択できない

16GB, 64GBしか選べないです。これもほとんどの方は気にならないんじゃないでしょうか。ゲーム好きでゲームアプリを大量にインストールしている方や動画を片っ端から撮りまくる方は気になるかもしれませんね。

RatinaディスプレイがHDじゃない

これも普通の方は気にならないと思います。画面サイズが小さいのでHDでなくても十分きれいだと思いますよ。

LTE Advancedに対応していない

マニアックですね。LTE-Advancedに接続できるのはまだ限られたエリアだけなので影響される人は限定的でしょう。

WiFiがMIMO対応していない

複数のアンテナを内蔵していて対応のアクセスポイントと安定的に通信できます。これもWiFiのつながりやすさや速度に関係するのですが、はっきりと体感できる場面は限られています。

指紋認証センサーの世代が1世代古い

指紋認証、そもそも使いますか?使う方はストレスに関係しますので要注意でしょう。

全面カメラの解像度が低い

これ、自撮り命の人には致命的かもしれないですね。フロントカメラなんてつかわねーよ、という方は問題ありません。

気圧計がついていない

これ要ります?登山する方などアウトドアな方は6sのほうがいいかもせれませんね。

まとめ

iPhone SEとiPhone 6s比べてみましたがいかがだったでしょうか。

個人的にはiPhone SEは不要なスペックがそぎおとされて逆に洗練された印象を受けましたね。

気になった方はAppleのサイトもチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました!
この記事が気に入っていただけましたらシェアいただけるとうれしいです!

シェアする

フォローする